Browse By

読売ジャイアンツ(読売巨人軍)の選手登場に使われている6曲

LINEで送る
Pocket

読売ジャイアンツ(読売巨人軍)の選手登場に使われている6曲

実は音楽よりも野球、特に西武ライオンズの熱狂的なファンである私が、2015年10月10日(土)に開幕するプロ野球 クライマックスシリーズを少し面白く見るための記事を書いていこうと思います。

えぇ、西武ライオンズはクライマックスシリーズに進出できなかったことは、とても残念なのですが。

プロ野球を実際にスタジアムで観戦したことがある人ならご存じかもしれませんが、バッターが打席に入るとき、あるいはピッチャーがマウンドに上がるときに、その選手の登場曲がスタジアムで流れます。

その登場曲は、その選手が好きな曲だったり、気持ちが高まる曲だったり、スタジアムの一体感を増すような曲だったりします。

その音楽に注目して野球観戦してみると、また違った面白さがあったり、意外な曲に出会ったりすることがあると思います。

まずは、セ・リーグ。
今シーズンを2位で終了し、本拠地である東京ドームに阪神タイガースを迎えて第1ステージを戦う読売ジャイアンツの選手の登場曲をまとめました。
各選手の今シーズンの成績と見どころとあわせて、音楽も聴いてみてください。

※注意:基本的には、ホームチームの選手の登場曲のしかスタジアムでは流れません。2015年セ・リーグの第1ステージの場合は、ホームである読売ジャイアンツの選手の登場曲のみが流れます。

立岡宗一郎 選手
→ 「TRUTH」/ T-SQUARE(ティー・スクエア)

8月には月間で40安打を放つなど、ジャイアンツ打線の1番バッターとして頭角を現した立岡選手。

50mを5秒台で走る俊足も魅力の立岡選手の登場曲は、T-SQUAREの「TRUTH」です。F1レースの中継でテーマ曲としても有名なこの曲は、皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

俊足を生かしてグラウンドを駆ける立岡選手のイメージにピッタリの1曲です。

【立岡選手の2015年レギュラーシーズン成績】
91試合出場、打率 .304、16盗塁

片岡治大 選手
→ 「Ultra Soul」 / B’z

立岡選手と同じく俊足が魅力の片岡選手。今年はチームNo.1の21盗塁を決めるとともに、5年ぶりに10本塁打を放つなど、打って走れる選手であることを見せつけました。

片岡選手の登場曲といえばファンの人にはおなじみ、B’zの「Ultra Soul」です。西武ライオンズ在籍時から使用されていて、もはや片岡選手とは切っても切り離せないこの曲は、チームのムードメイカーでもある片岡選手によく似合います。

あの印象的なサビのパートが流れるのでみんなで歌いましょう!
「ウルトラソウル!」「ヘイ!」

【片岡選手の2015年レギュラーシーズン成績】
113試合出場、打率 .244、10本塁打、21盗塁

菅野智之 投手
→ 「Heaven Knows feat. Tash & Pitbull」 / Davis Redfield(デイヴィス・レッドフィールド)

防御率1.91という圧倒的な成績を出しながら、10勝11敗と少しツキのなかった今年の菅野投手ですが、ジャイアンツのエースとしてクライマックスシリーズ初戦での先発が予想されています。

そんな菅野投手の登場曲は、ドイツのEDMシーンをリードするDavis Redfieldの「Heaven Knows」。“お祭り番長”ことPitbull(ピットブル)をフィーチャリングしたこの曲で、試合のボルテージを一気に高めます。

先発投手の登場曲は試合開始時に流れるので、1回の表から見逃せません!

【菅野投手の2015年レギュラーシーズン成績】
25試合登板、10勝11敗、防御率 1.91、126奪三振

亀井善行 選手
→ 「春色。」 / ハジ→

今シーズンは初めて4番バッターを務めるなど、4年ぶりに100試合以上に出場した亀井選手。バッティングだけでなく、守備や走塁でも一流の技術を見せつけました。

そんな亀井選手の登場曲は仙台出身のシンガーソングライター、ハジ→の「春色。」です。インディーズ時代の代表曲であるこの曲は、前向きな歌詞が印象的な1曲です。

主役になって目立つタイプの選手ではないかもしれませんが、渋い活躍に期待です!

【亀井選手の2015年レギュラーシーズン成績】
109試合、打率 .272、6本塁打、35打点、8盗塁

澤村拓一 投手
→ 「Sandstorm」 / Darude(ダルード)

今シーズンは自身最多の60試合に登板、抑えの切り札としてリーグ4位の36セーブポイントを挙げた澤村投手。

最終回のマウンドに上がる澤村投手の登場曲は、Darudeの「Sandstorm」です。総合格闘家 ヴァンダレイ・シウバの登場曲としても有名な曲ですが、闘争心を沸き立たせるような勇壮さがあります。

リードして9回のマウンドに澤村投手が登場するシーンを、ジャイアンツがどれだけ作れるのか注目ポイントです。

【澤村投手の2015年レギュラーシーズン成績】
60試合登板、7勝3敗36セーブポイント3ホールドポイント、防御率 1.32

坂本勇人 選手
→ 「Ain’t Been Done」 / Jessie J(ジェシー・J)

26歳ながら、読売ジャイアンツのキャプテンを務める坂本選手。今シーズンはケガで一時離脱もありましたが、130試合に出場してチーム最多の129安打を打ちました。

坂本選手が第1打席で使用している登場曲は、UKのシンガーソングライター Jessie Jの最新アルバムから「Ain’t Been Done」。ハスキーな歌声が魅力の1曲です。

チーム最多の17本の決勝打を放った坂本選手。チャンスに強いバッティングは、第1打席から見逃し厳禁です。

【坂本選手の2015年レギュラーシーズン成績】
130試合出場、打率 .269、12本塁打、68打点、10盗塁

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket