Browse By

うわー結婚してえ!結婚式にもピッタリな、心温まるミュージック・ビデオ6選

LINEで送る
Pocket

うわー結婚してえ!結婚式にもピッタリな、心温まるミュージック・ビデオ6選

最近、めっきり寒くなってきましたね。

白い息を吐きながら夜の家路につき、部屋に帰っても誰もいない寒い部屋……。
ただひたすらに寂しい……。

そんなぼくが夜な夜な一人で観ては、幸せのお裾分けをしてもらうミュージック・ビデオをご紹介します!

幸せの絶頂の結婚式、日々のなんてことない暮らしを共有する夫婦やカップル。
思わず「結婚したい!」と思うようなものばかりです。

一人の寂しい夜でも、大切な人と一緒にでも、観れば幸せな気分になれるミュージック・ビデオを以下ご覧ください!

結婚式にドッキリ出演!幸せのピークを収めたミュージック・ビデオ
「Sugar」 / Maroon 5(マルーン・ファイブ)

アメリカのロック・バンド、Maroon 5(マルーン・ファイブ)が人の結婚式に、ドッキリ出演しライブを披露!
結婚式という幸せのピークの一日を、さらに忘れられない記念日にしてしまう粋な計らい!

感動のあまり目に涙を浮かべる新婦、顔を真っ赤にして喜ぶ新郎。
そして、幸福に満ちた熱狂が、結婚式場を包みます。

これ以上に幸せな瞬間が果たしてあるのか!
と、思わせてくれるミュージック・ビデオです。

・日本語版公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/maroon5

何気ない日常が、愛しくなってくる
「碧落 -へきらく-」 / 曽我部恵一

こちらは、シンガーソングライターの曽我部恵一の、「碧落 -へきらく-」のミュージックビデオ。
4組のカップルの、何気ない日常をホームビデオ風に撮影したものです。

特別な記念日でなくとも、二人で過ごせる毎日が幸せなもの。
当たり前のことに気づかせてくれるほどに、出演するカップルの表情がいきいきとしているんです。

大切な人とのかけがえのない時間を、もっと大切にしたくなります。

・公式サイト
http://www.sokabekeiichi.com/

十組十色!カップルの数だけ幸せの形がある
「ラブリー」 / 大橋トリオ

シンガーソングライターの大橋トリオが、小沢健二の名曲「ラブリー」をカバーしています。

たくさんのデート中のカップルが出演するミュージック・ビデオは、まさに幸せの塊のよう。

本当にいろいろな年齢、キャラのカップルが出演していますが、どことなく一緒にいる二人の雰囲気が似てるんですよね。

彼ら彼女らは、たくさん二人だけの時間を共有してきたのでしょう。
幸せは他人と比べるものじゃないということを、3分間を通して感じることができるミュージック・ビデオです。

大切な人失った悲しみの中で輝く、美しい思い出
「Lay Me Down」 / Sam Smith(サム・スミス)

イギリスのシンガー、Sam Smith(サム・スミス)から、「Lay Me Down」のミュージック・ビデオ。

愛する人の葬式の中で悲しみの中で歌うSam Smithの歌声は、息を飲むほど美しいものです。
悲しみで満ち溢れたミュージック・ビデオではありますが、回想されるゲイであるSam Smithと彼との結婚式は、幸せに満ち溢れたもの。

Sam Smithの心からの笑みと祝福する友人たちの姿に心を奪われ、何度も観ました。

大切な人失った悲しみの中で輝く思い出が、美しく描かれたミュージック・ビデオです。

・日本語版公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/sam-smith

些細な幸せが積み重なっていくこと、それが幸せな人生
「Remmber me」 / くるり

どこまでも続いていく日常をテーマに、全編通して鉛筆で描かれた、くるりの「Remmber me」。

少し消し跡を残しているのは、過去と現在が繋がっていることを表しているそうです。

ある女の子が家族と過ごす日常、その日常が続いていき、人生となる。
一つ一つのシーンに込められた幸せを、自分と照らし合わせてしまいます。

毎日の些細な幸せが積み重なっていくこと、それ自体が幸せに思えるミュージック・ビデオです。

・公式サイト
http://www.quruli.net/

自分の人生を“素晴らしかった”と歌う男の生き様
「Ten Years From Now」 / Ken Yokoyama(ケン・ヨコヤマ)

パンクロッカー、Ken Yokoyama(ケン・ヨコヤマ)の「Ten Years From Now」のテーマになっているのは、Kenが想像する自分の人生です。

日本を代表するバンド、Hi-STANDARDのギタリストとして活躍し、ソロ活動でもキャリアを積む彼。
Kenは結婚や子どもの誕生といった出来事の中で、そんな日常にも幸せを感じこの曲を書いたのでしょう。

生涯ギターをかき鳴らし、家族と過ごすことを想像する彼が
<Life was great. (人生は素晴らしかった)>
と歌う姿に、胸が熱くなります。

全曲を通して聴きたい方のためのプレイリスト

全曲を通して観たい方のためのYouTubeのプレイリストはこちらです。

心温まるミュージック・ビデオ、ぜひどうぞ!

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket