Browse By

音で巡る世界旅行!家にいても海外に行った気分になる音楽6選

LINEで送る
Pocket

音で巡る世界旅行!家にいても海外に行った気分になる音楽6選

あなたはこの夏休みに海外旅行に行きましたか?

シルバーウィークで海外に行った方もいるかもしれませんし、今年中に行く計画をしている人もいるでしょう。

とはいえ、なかなか気軽に海外に行くことができないのも事実ですよね。
そんなあなたに、家にいながらにして海外旅行に行った気分になれるような音楽をいくつか紹介します。

楽しすぎるブラスバンド!
Fanfare Ciocărlia(ルーマニア)

海外旅行に行って楽しいのは観光や食事ももちろんですが、現地のお祭りに触れてみるのも醍醐味ではないでしょうか。

最初に紹介するのはルーマニアのFanfare Ciocărlia(ファンファーレ・チォカリーア)です。

元は村の結婚式などで演奏するブラス・バンドであった彼らの演奏は、陽気でムーディー、でも時には世界最速とも言われるぶっ飛んだ速さの曲もあり、予測がつきません。

昨年(2014年)出演したフジロックのステージでも、アンコールが終わってもステージから降りて演奏を続けたほど。

そんな骨の髄までライブ・バンドな彼らの演奏を聴いていると、さも自分がお祭りに参加しているような気分になります。

伝統楽器が奏でる、美しく踊る旋律!
Lúnasa(アイルランド)

次に紹介するのはアイルランドの音楽です。

Lúnasa(ルナサ)はフィドル(ヴァイオリン)、フルート、パイプを中心に構成されたアイルランドの伝統音楽グループ。

紹介している動画はオーケストラとの共演の模様ですが、メロディーの疾走感と緊張感のある曲展開はロックが好きな人こそハマる音楽なのではないかと思います。

アイルランドの街角のパブでは、こんな音楽とともにギネスを飲んだりダンスをしているのかもしれません。

砂漠の砂まで舞い込んできそうなアフリカ土着の音楽!
Bassekou Kouyate & Ngoni ba(マリ)

続いてはアフリカに飛んでみましょう。
西アフリカにあるマリ共和国のグループ、Bassekou Kouyate & Ngoni ba(バセク・クヤーテ&ンゴーニ・バ)です。

ちょっと読みにくいですが、「バセク・クヤーテ」が中心メンバーの名前で、「ンゴーニ」が楽器の名前です。
ンゴーニとは、細長いウクレレのような4弦の弦楽器です。

ンゴーニの奏でるメロディーには哀愁があって、なんだかサハラ砂漠の砂っぽい感じまで音楽から伝わってくる気がします。

マリ共和国は政治的に不安定な側面もあり、なかなか旅行で訪れる機会も少ないかもしれませんが、現地の市場の一角ではこんな素敵な音楽が流れているかもしれませんね。

神秘的で少し悲しげに響く笛の音色!
Inti-Illimani(チリ)

大西洋を渡って、南米に行ってみましょう。

次に紹介するのはチリのグループ、Inti-Illimani(インティ・イリマニ)です。

アンデス地方に伝わる音楽として有名なものに、サイモン&ガーファンクルもカバーした「コンドルは飛んでいく」があります。
小学校の頃にリコーダーで吹いたことがある人も多いのではないでしょうか?

その曲の雰囲気を思わせるようなケーナやサンポーニャという笛の音色が印象的なグループです。

湿り気を帯びたようなメロディーからは、とても神秘的な印象を受けます。

島国の儀式をそのまま再現したようなパフォーマンス!
Narasirato(ソロモン諸島)

次は南の島に飛んでみましょう。
南太平洋に浮かぶ島国、ソロモン諸島の音楽グループ、Narasirato(ナラシラト)です。

アウと呼ばれるパンパイプ(長さの違う複数の管を束ねた管楽器)による演奏と、現地での儀式を思わせる本能的なパフォーマンスは、昨年(2014年)フジロックに出演した際にも大きな話題を呼びました。

自給自足の生活をしながら音楽活動を続けるナラシラトのパフォーマンスは、まさに生活そのもの。現地のお祭りに参加しているかのような気分になります。

K-POPとはまた違う韓国の伝統的なポップスを味わおう!
チャンギハと顔たち(韓国)

最後は日本の隣の国、韓国の音楽で旅を終えることにしましょう。

韓国では最も有名なバンドの一つである「チャンギハと顔たち」の音楽は、最先端のK-POPとはまた雰囲気が異なり、伝統的な韓国のロックやポップスのエッセンスがぎゅっと詰まって、韓国の文化が染み付いていると思います。

今年の11月には来日公演も決定しているので、日本にいながら彼らのライブを見るチャンスですね。

全曲を通して聴きたい方のためのプレイリスト

全曲を通して聴きたい方のためのYouTubeのプレイリストはこちらです。

ぜひこのプレイリストで世界をめぐってみてください!

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket