Browse By

落ち込んだ時に歌詞を聴きたくなる8曲

LINEで送る
Pocket

落ち込んだ時に歌詞を聴きたくなる8曲

誰にだって、落ち込む時はありますよね。

どうしようもなく気分が晴れない日、悲しいこと悔しいことがあった日、漠然と不安な日……。
そんな時、いつも音楽は黙ってそばにいてくれます。

私のとっておきたち、聴いてください。

カラッとした太陽のようにそこにいてくれる、元気の源
「駱駝」 / 高橋優

高橋優の歌は、とっても、とっても、まっすぐです。

彼の曲には優しさに溢れた曲もたくさんあるけれど、落ち込んだ時に必ず聴きたくなるのはこの「駱駝」。

“「さあ行こう」と決めたその日から 常識なんてクソだから ありったけの愛を込めて 教科書全部破こうぜ”

この思い切った表現にクスッと笑いながら、いつの間にか元気になって前に進もうと思えるようになります。
カラっとした太陽みたいで、いつでもそこに変わらずいてくれる、元気の源になる曲です。

気持ちをリセットできる浄化作用
「風に乗る船」 / Salyu

“涙の後には虹が出る”この歌い出しで、もう、大丈夫って気分になります。大げさじゃなく。

Salyuの歌は、浄化作用があると思います。
心の中の鉛が溶けていって、気持ちが綺麗になったり軽くなったりする気がするから、 1回気持ちをリセットしたい時に聴くのをおすすめします。

本当に悲しいとき、ダウナーな歌は聴けなくて、かといって元気な曲もちょっとな……と思ったら、この曲を聴いてください。

ため息をついてしまう時と同じ温度で歌ってくれる
「二十九、三十」 / クリープハイプ

昨年、武道館2daysをチケット完売、最近は CMや映画のテーマソングにも起用されている4人組バンド、クリープハイプ。

この曲は、ボーカルの尾崎世界観が自分と同世代の30歳の男性をテーマに書いた「30男の主題歌」……ですが、30歳でもなく男性でもない私にも、どうしようもない気持ちになるくらい、響きました。

認めてほしくてもがいたり、なんだか上手くいかなかったり、でもなんかいける気がする時もあったり。
「あーこれ自分だ」と思う人も多いのではないでしょうか。

ため息をついてしまう時と同じ温度で歌ってくれるから、じんわり励まされる曲です。

聴くほどに深くひきこまれる7分間
「目が明く藍色」 / サカナクション

サカナクションの曲で、私がこのテーマの時に一番聴きたくなるのが「目が明く藍色」です。

彼らの歌詞に「泣いた」が出てくると、自動的に涙がこぼれるのは私だけでしょうか。

この曲は7分もある壮大な曲なのですが、実際聴いてみるとそんなに長い感じがしないので、まずは7分間サカナクションに委ねてみてください。

1回聴いて、次は歌詞を見ながら聴いて、その次に歌詞だけ見てください。
詳しくは語りませんが、人によって様々な解釈ができるようになっていて、深読みすればするほどひきこまれます。

その綺麗さに、傷が癒えていく歌
「リバーズエッジ」 / 二千花

2人組ユニット二千花が2009年にリリースしたシングル。ドラマ「リセット」の主題歌です。

二千花の歌はとても綺麗。歌も音も、言葉も。
決して押しつけることなく、優しく人の心に寄り添って、そっと歌ってくれます。

“もっと弱く もっと弱く生きてみてください”

弱さを抱きしめて、許してくれる。
傷が癒えていく歌です。

ただ曲を聴くだけでギュッと胸がつかまれて支えてくれる
「風の吹くまま」 / dry as dust

2003年に函館で結成、現在東京で活動をしているバンド、dry as dust。

どのフレーズが良いとか、歌詞の意味がどうかとか、そういうことを考えずに、ただただ曲を聴けばギュッと胸がつかまれて、どうしようもなく縋ってしまって、支えてくれる……そんな曲があってもいいんじゃないかと私は思います。

柔らかい歌と音が安心させてくれるので、一つ一つの言葉を追いながら聴いてみてください。
あなたの中に浮かんだ景色が、気持ちが、きっと心の奥底で支えになるはずです。

気持ちを前に進めてくれる疾走感
「赤い深呼吸」 / where is my mind?

都内で活動中のスリーピースバンド、where is my mind?

ギターと歌と、ベースと、ドラム。このシンプルなバンド構成だからこそ、映える歌があります。

“何回だってやり直せ 僕らまだまだいけるよ 喜んで傷つけ合おうぜ”
ジャッキジャキのエレキギターに合わせた疾走感のある曲と歌が、聴く人の気持ちをグンと前へ進めてくれます。

“そして今深呼吸になって 美しい世界を手にする”
深呼吸になるって、素敵な言葉ですよね。

とっておきの、苦しいけど愛しいラブソング
「and I love you」 / Mr.Children

わざわざ言うまでもないかもしれませんが、Mr.Childrenという私が一番好きなバンドの曲を最後にあげさせてください。

この曲はカップヌードルのCMソングとしてお茶の間に流れていたので、“傷つけあう為じゃなく 僕らは出会ったって言い切れるかなぁ?”というサビは、聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。

良いのはサビだけじゃないのです。もう、全部をじっくり聴いてほしい。

“もう一人きりじゃ飛べない 君が僕を軽くしてるから”って、弱くて依存していてかっこ悪い言葉かもしれませんが、私はこの言葉にこそ愛を感じます。

とっておきの、苦しいけど愛しいラブソングです。

全曲通して聴きたい方のためのプレイリスト

全曲通して聴きたい方のためのYouTubeのプレイリストはこちらです。

あなたにとって落ち込んだ時に聴きたくなる曲をぜひ見つけてみてください。

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket