Browse By

ストレートに心に突き刺さる「この歌詞で泣いた」6曲

LINEで送る
Pocket

ストレートに心に突き刺さる「この歌詞で泣いた」6曲

あなたは曲の歌詞で泣いたことがありますか?

共感したり、背中を押してもらえたり……、音楽の中でも歌詞はとってもストレートに心に飛び込んでくるはず。

今回は、そんな「わたしはこの歌詞で泣いた」6曲を、その曲の中で一番印象に残った歌詞と合わせてご紹介します。

泣き虫なわたしの味方達です。

“朝が来るまでは 僕だけが正義。”
「蒼き日々」 / plenty

2004年結成スリーピースバンド・plentyの透明感のある芯が通った歌声とサウンドは、胸をいっぱいに満たします。

まるで誰もいない深夜のプールにぽっかりと浮かぶような気持ちで、泣きたい気持ちを委ねてみてください。

眠れない夜を、彼らの音楽とともに過ごしてみませんか。

・公式サイト
http://www.plenty-web.net/

“僕たちの世界は自由なようでそうでもない”
「朝ごはん」/シュリスペイロフ

打って変わって、こちらは朝に聴きたい一曲。

札幌発のロックバンド・シュリスペイロフがこの曲中で歌う言葉は、一見気だるそうに見えますが、知らず知らずのうちにこわばった心を温かくほぐしてくれるパワーがあります。

平熱のまま、目頭の温度だけぐいっと引っ張り上げてくれる一曲。

泣いた後の朝ごはんは、いつもよりちょっとおいしい(かも)。

・公式サイト
http://syurispeiloff.jp/

“ぼくに代わって戦え だれか”
「アニメみたいな」 / ドレスコーズ

静けさの中に響くこの歌い出しを聴くと、心がきゅっと切なくなるのです。

自分の弱さを代弁してくれる音楽はいつも苦しくて、やるせなくて、でもどこか心をすうっとさせてくれます。

この曲が収録されたアルバム「1」は、メンバー脱退を経て、ボーカル・志磨遼平がひとりで作り上げた作品。

そんなバックグラウンドさえ滲み出るような、ひとりきりのわたしたちのためのです。

・公式サイト
http://dresscodes.jp/

“世界で一番お前が正しいんだよって俺が歌ってやる”
「クレイジークレーマー」 / andymori

ライブで聴けばノリノリのリズムに思わず手を挙げてしまいそうな曲も、部屋に籠ってひとりきりで聴くとまた違って聴こえるもの。

歌詞も、音も、声も、メロディも、この曲の無敵感ったらすごい。
泣きながら笑ってしまうような温もりがあります。

andymoriは2014年に解散してしまいましたが、バンドは死んでも楽曲は死なないのが音楽。
彼らと出逢うのに、まだ遅くはありません。

・公式サイト
http://andymori.com/

“君が君を嫌いな理由を背負った君のまま成し遂げなくちゃ駄目だ”
「ジュブナイル」 / amazarashi

amazarashiは青森県むつ市で結成されたバンド。

この曲が収録された6枚目のミニアルバム「ねえママ あなたの言うとおり」の帯には「詩は届く、手の届かない場所にさえ。」と書かれています。

魂を込めるように歌うボーカルによって届けられる詩が、自分自身も手が届かない心の奥底に沁み込んで、涙を流しながらも拳を握りしめたくなるはず。

・公式サイト
http://www.amazarashi.com/

“あたしの有名は君の孤独のためにだけ光るよ”
マジックミラー / 大森靖子

リアルすぎる言葉にちょっとびっくりした後、この一節にびっくりするほど泣きました。

自分の人生の綺麗なところも汚いところも、全部ひっくるめて肯定してくれる激情系シンガーソングライター・大森靖子のまっすぐさは、きっとあなたの涙腺もブチ抜きます。

本当に聴いてほしい!

・公式サイト
http://oomoriseiko.info/

全曲通して聴きたい方のためのプレイリスト

全曲通して聴きたい方のためのYouTubeのプレイリストはこちらです。

ぜひ歌詞に注目して聴いてみてください~!

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket