Browse By

センチメンタルな秋の夜に一人で聴いて浸りたい7曲

LINEで送る
Pocket

センチメンタルな秋の夜に一人で聴いて浸りたい7曲

夏が終わり、気がつけばもう秋がやってきましたね。

涼しくてなぜかちょっとセンチメンタルな気分になる秋の夜……そんな時に一人で聴いて浸りたいようなオススメの曲を紹介します。

この曲たちを聴いて、大切な人・ことをゆっくりと想う夜があってもいいのではないでしょうか。

秋の曲の王道!
「赤黄色の金木犀」 / フジファブリック

“これを聴かないと秋を感じない”なんて人もいるのでは?というくらい、日本のロックバンドを好きな人にとっては有名な秋の曲。

最初のちょっと気だるそうに淡々と歌っているぬるい温度が逆に心地よくて、そこから途中でテンポが上がるにつれて聴いている方も気持ちがグッと入り込んでいきます。

せつなさがじわじわと伝わってくる歌詞と、ギター・キーボードのノスタルジックな音がすごく良いので、歌にも音にも浸ってじっとしたくなる曲です。

金木犀は、いつの間にか香ってきて秋を知らせてくれて、センチメンタルな気持ちを連れてくる花……と思うのはこの曲を聴いているからでしょうか?

今年はもう金木犀の香りがしないかもしれませんが、思い出しながら聴いてみてください。

・公式サイト
http://www.fujifabric.com/

さすがのメロディーと声で歌われる、優しい歌
「Always」 / 西野カナ

西野カナの秋ソングといえば、「たとえ どんなに…」が人気ですが、今回は「Always」を紹介します!

この曲は、恋だけではない様々な形の愛を歌っている壮大なバラード。
気持ちがふわっと温かくなる優しい歌です。

<ちゃんとここにあるから いつもそばにあるから 優しい気持ちが溢れてくる>

サビのこの歌詞に、普段忘れてしまいそうな身近な愛に気付かされますし、それを一つ一つ丁寧に拾って大切にしなきゃなぁと思わされます。

それにしても、一度聴いたら忘れないメロディー、高音も耳に痛くない柔らかさと芯の強さを持った声……素晴らしいですよね。

普段、西野カナの曲を聴かない方も、ぜひ一度触れてみてください。

・公式サイト
http://www.nishinokana.com/

“好き”よりも“愛しい”という言葉が似合う、女の子の曲
「えりあし」 / aiko

aikoのラブソングには様々な恋の形があって、それぞれ素敵な恋心を歌われていますよね。

そんな中、涼しくなってきた秋の夜にじっくり聴きたい曲はこの「えりあし」。

この曲は、不器用だった過去の自分を悔やみながらも、離ればなれになった愛しい人のことを素直に歌っています。

その愛情が、あまりに純粋で誠実なものなので、人を想う気持ちの表現として、“好き”よりも“愛しい”という言葉がぴったりだと思いました。

<5年後あなたを見つけたら 背筋を伸ばして声を掛けるね>

せつないのに、せつなすぎるのに、哀しみに浸っているだけではなくて、想いを抱きながら未来に歩き出している素敵な女の子の曲です。

・公式サイト
http://aiko.com/

秋の夜に口ずさめば、勇気をもらえる曲
「風に吹かれて」 / エレファントカシマシ

渋い!!かっこいい!!!
これぞ日本のロックバンド、エレファントカシマシですね。

骨太の渋い音に、意志の強い歌。
それでいて、聴いている人を突き放さずに包み込んでくれるような優しさもあります。

この曲に背筋を伸ばせられたり、支えられたりしている人も多いのではないでしょうか。

<さよならさ 今日の日を 昨日までの優しさよ 手を振って旅立とうぜ いつもの風に吹かれて>

秋の夜に聴きながら、一緒に小さく口ずさんだら、勇気をもらえる曲です。

・公式サイト
http://www.elephantkashimashi.com/

胸がいっぱいになる切なさが詰まってる
「トワイライト」 / GOING UNDER GROUND

夏の終わり、涼しくなってきた夜はなぜ切ない気持ちになるのでしょうか。
この曲もまた、そんな季節に聴きたくなる切ない名曲です。

淡い色のショートムービーを見ているような…または小説を読んでいるような……そんな気分になるくらい、一つ一つの歌詞が繋がって情景が頭に浮かんできます。

<主役は君と僕で、それぞれほら違うストーリー>

旅立ちや別の道を歩むことをこんな風に言えたら、きっと気持ちよくさよなら出来るし、それからのストーリーでの支えになるのかなぁと私は思いました。

せつなさも、背中を押す光もあるこの曲。聴き終えたら胸がいっぱいになります。

・公式サイト
https://goingunderground.tokyo/

この曲も、キュンとして、グッとくる
「キャラメルフレーバー」 / SISTER JET

<キャラメルフレーバーの彼女に恋をした>

もう、この歌い出しでこの曲に恋してしまいました。笑

甘ったるい特徴的な歌い方とシンプルなアレンジが、メロディーと歌詞の良さを引き立てています。

すれ違ってしまった恋人のことを、優しく愛している歌詞……甘くて、でもちょっと苦味もあるキャラメルフレーバーのコーヒーを飲みながら聴きたい曲です。

<途中で道に迷ってもいい そしたら 探そうもう一度ふたりで>

もう一度ふたりでやり直そう、笑っていた頃に戻ろう…と恋人の手を引くようでもありつつ、そうしたい、戻りたいという願望も見えてせつなくなってしまいます。

いつかのキャッチフレーズにもありましたが、キュンとして、グッときます。それがSISTER JET。

・公式サイト
http://sisterjet.com/

彼らを知らなくても聴けば優しい気持ちになれる
「トロイメライ」 / シュリスペイロフ

札幌出身バンド、シュリスペイロフ。
私は、秋から冬にかけての時期に暖かい曲が聴きたくなったら、必ずこのバンドの音楽に手を伸ばします。

きっと、良い音楽って、誰が歌っているかとか、その曲を知っているかどうかとか関係なく、聴いた人に届くと思うのです。
そうじゃなきゃ!と思います。

シュリスペイロフの「トロイメライ」は、きっと誰にでもじんわり暖かい気持ちをくれる一曲。
耳にしただけで優しい気持ちになれる歌声と音だと思います。

穏やかなリズムでゆっくりと歌ってくれるから、聴きながらホッとします。

そしてこの曲のMVを見ると、シチューを食べたくなります。笑

・公式サイト
http://syurispeiloff.jp/

全曲を通して聴きたい方のためのプレイリスト

全曲を通して聴きたい方のためのYouTubeのプレイリストはこちら。

秋の夜にぜひ聴いてみてください。

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket