Browse By

カッコいいPCにはカッコいい曲を!MacBookのCMで使われた6曲

LINEで送る
Pocket

カッコいいPCにはカッコいい曲を!MacBookのCMで使われた6曲

2006年の発売以来、一般人からクリエイターまで、多くの人々に愛され続けているMacBookシリーズ。

MacBook、やはり他のノートPCよりも、まず見た目がカッコいいと思いますが、カッコいいのはCMに使われている楽曲も同じ!
今回は、そんなMacBookのCMで使われてきた楽曲をご紹介します!

他のApple製品と同じく、CMの短い尺の中でも印象に残る楽曲が出揃いました。
現在も世界中で人気を獲得しているミュージシャンたちも少なくありません。

今回も、公式に音源が存在する6曲を取り上げました(レミファはミュージシャンの権利を尊重するため、公式の音源しか扱いません。詳しくはこちらをご覧ください→レミファについて)。

以下、ぜひご覧ください!

今オーストラリアを代表するシンガーの美声に酔いしれる
「Gold」 / Chet Faker(チェット・フェイカー)

オーストラリアはメルボルン出身のシンガー、Chet Faker(チェット・フェイカー)!

2012年のデビュー作『Thinking in Textures』が、オーストラリアの音楽賞、AIR Awardsでいきなり“最優秀インディペンデント・EP賞”を受賞しました。

以来、曲を出せばチャートのトップ入りをする本国での人気はもちろんのこと、アメリカのフットボールイベント、スーパーボウルの合間に流されるビールのCMに楽曲が起用されるなど、世界中から注目を集めるトップ・ミュージシャンに。

日本においても、来日公演のチケットが即完売したりフジロックに出演したりと、現在進行形で人気を集めています。

ここまでの人気を獲得する彼の魅力は、何といってもその歌声。
震える美声が残す余韻に、どこまでも酔いしれることができます。

エレクトロ・ミュージックにも造詣が深い自身の作曲と相まって、唯一無二の存在感を放つシンガーです。

2015年のMacBookの最新CMにも起用された「Gold」は、彼の表現力が思う存分に感じられる楽曲。
2014年の1stアルバム『Built On Glass』に収録されています。

・公式サイト
http://chetfaker.com/

ヒップホップのスターに愛される男が、お茶の間でも話題を集めた一曲
「Chimes」 / Hudson Mohawke(ハドソン・モホーク)

12歳のころから楽曲制作をしていたというHudson Mohawke(ハドソン・モホーク)は、2007年のデビュー当時から神童と称され注目を集めてきました。

ここ数年は、プロデューサーLunice(ルナイス)と結成したユニットであるTNGHT(トゥナイト)としての活動や、ヒップホップ・スターKanye West(カニエ・ウェスト)のレーベル、“GOOD Music”での大物ラッパー・シンガーとの共作活動を主に行っていました。

そんな活動の中で2014年にリリースされたのが「Chimes」。
この楽曲の特徴的なフレーズは、耳にしたことがある人も多いでしょう。

オーケストラ的な壮大なフレーズと、体の芯から揺らしにかかる極太のリズム。
日本のお茶の間で流れるにはあまりにセンセーショナルな楽曲ですが、ぼくもこの曲を何度もテレビCMで耳にしました。

Hudson Mohawkeは2015年6月に待望の6年ぶりのソロ・アルバム『Lantern』を発表しています。
個人的には2015年を代表する大傑作だと思うので、「Chimes」が気になった人はぜひそちらもチェックしてみてください!

動画は、TNGHT名義でのライブで披露された「Chimes」です。

・公式サイト
http://hudsonmohawke.com/

Appleきっかけで人気者になったシンガーの、陽気な曲を覚えていますか?
「New Soul」 / Yael Naim(ヤエル・ナイム)

Yael Naim(ヤエル・ナイム)は、フランス生まれイスラエル育ちのシンガーソングライター。

彼女が人気者になったきっかけは、 2008年に「New Soul」がMacBook AirのテレビCMに採用されたこと。

思わず横に揺れたくなるようなキュートな楽曲は、覚えている方も多いのではないでしょうか!
休日のホームパーティーのような陽気な一曲ですね。

ちなみにYael Naim(ヤエル・ナイム)の楽曲は、「iPhone 6で撮影」というCMシリーズで再び起用されています。

Yael Naimには、Appleもメロメロのようです。

・公式サイト
http://wmg.jp/artist/yaelnaim/

ライブ編成はまさにオーケストラ!デンマークのバンドの大自然のような表現力
「Dreams Today」 / Efterklang(エフタークラング)

2000年に結成されたデンマークのバンド、Efterklang(エフタークラング)。

基本的に中心メンバーは3人ですが、ライブではコラボレーターが加わり10人編成となって、オーケストラのようなアレンジを施すライブには定評があります。

今回紹介する「Dreams Today」の音源もそのライブ時のものですが、2012年のMacBook ProのCMに起用されていた原曲よりもはるかに壮大な仕上がりになっています!

生で聴けば、雄大な大自然を前にしたかのような、そんな感覚を覚えることでしょう。
いつか生でライブを観たいバンドです。

・日本語版公式サイト
http://hostess.co.jp/4ad/efterklang/

バンドを土台にストリングスの演奏が冴えわたる!
「Song (String Version))」 / Kidstreet(キッドストリート)

カナダのバンド、Kidstreet(キッドストリート)からも、先述のEfterklang(エフタークラング)に負けず劣らずの壮大な表現に心を奪われる楽曲が起用されています。

ストリングスを中心に据えて盛り上がっていく展開が、心を昂ぶらせてくれます。

「Dreams Today」と比べると、「Song (String Version))」は、下地にあるのはあくまでロックバンド的な土台。
力強いドラミングから、バンドらしい熱量も感じられる一曲です。

・公式Facebookページ
https://www.facebook.com/kidstreet/

イギリスのシンガーの、好感が持てる素朴さ
「Run」 / Broadcast2000(ブロードキャスト・トゥーサウザンド)

イギリスのシンガー、Joe Steer(ジョー・スティアー)のバンド・プロジェクトがBroadcast2000(ブロードキャスト・トゥーサウザンド)。

2008年のCMでは、「Run」のボーカルをカットされたバージョンが使用されていましたが、Joe Steerのボーカルが入っても、いやボーカルが入るからこそ、どことなく素朴な印象を受ける曲。
その素朴さに、好感が持てます。

今回紹介する中では、いい意味で最も地味な曲かもしれません。
まったりと聴きたい一曲です。

・公式サイト
http://broadcast2000.co.uk/

全曲を通して聴きたい方のためのプレイリスト

全曲を通して聴きたい方のためのYouTubeのプレイリストはこちらです。
(Soundcloudの曲は含まれていません)

カッコいいPCのCMに使われたカッコいい楽曲を、ぜひお楽しみください!

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket