Browse By

まさに今が旬!iPhone6、6s、6s PlusのハイセンスなCM曲7選

LINEで送る
Pocket

まさに今が旬!iPhone6、6s、6s PlusのハイセンスなCM曲7選

AppleのCMソングを網羅するシリーズ!
今回は、iPhnoe6、iPhone6s、iPhone6s Plus編です!

これらのCMが発表されたのは最近のことなので、「聴いたことある!」という方も多いのではないでしょうか。

現在の最先端を行くデバイスに華を添えるため、まさに今が聴き時な楽曲がピックアップされています!

「この曲だったんだ!」
「このCM知らなかったけどカッコイイ曲だな!」
などなど、きっと新しい音楽との出会いが生まれるはずです。

以下、どうぞ!

期待の新人はどこまで成り上がる!?
「Apple Pie」 / RAFFERTY(ラファーティー)

現在、LAを拠点に活動しているシンガー、RAFFERTY(ラファーティー)!
「Apple Pie」は2年ほど前にリリースされた楽曲ですが、なんと今回、7パターンものiPhnoe6のCMに起用されました!

デビュー4年目の若手のはずですが、ロックンロールの魂をまとったかのような力強い歌声からは、すでにスタジアムがよく似合う風格すら感じられます。

一度はフルタイムの職に就くも、音楽の道を諦めきれずにミュージシャンへと転身したRAFFERTY。
今現在急激に注目度が高まりつつありますが、このままどこまで行くのでしょうか。

「RAFFERTYと言えば、あの曲だったよね」と言われる日も、そう遠くはないかもしれません。

RAFFERTYの「Apple Pie」、覚えておいて損はない一曲です。

・公式サイト
http://mrrafferty.com/

気鋭の若手バンドのデビュー作から、真夜中を思わせる一曲
「Gooey」 / Glass Animals(グラス・アニマルズ)

オックスフォード出身の幼なじみ4人によるバンド、Glass Animals(グラス・アニマルズ)から「Gooey」という曲を紹介します。

「Gooey」が収録された2014年発売のデビュー・アルバム『ZABA』は、収録曲の大半が夜につくられたものだそう。

真夜中によく似合うミステリアスな曲が揃った名盤ですが、この曲もその例に漏れず、ダークな雰囲気です。

後半、最後の一分あたりからの盛り上がりは、真夜中に孤独を感じたときの心に強く響くのではでしょうか。

・公式サイト
http://glassanimals.eu/

CM曲のスペシャリストが生みだした曲は、まるでオモチャ箱!
「christina 1981」 / Rafter(ラフター)

アメリカはサンディエゴ在住のプロデューサー、Rafter(ラフター)は、普段はCM用の音楽をつくり暮らしているそう。

「さすがCM曲のスペシャリスト、iPhoneのCMらしくオシャレだけど目立ちすぎない曲をつくる!」
と思いきや、「christina 1981」を単体で聴くと、思っていたよりもずっと騒がしく聴こえるはずです。

オモチャ箱をひっくり返したように、キュートな音が積み重なってできた楽曲は、“Rafter版のエレクトリカル・パレード”とでも形容したくなるような、キャラの濃さ。

彼の住まうサンディエゴを連想させるトロピカルな雰囲気もある、飽きのこない一曲です!

・公式サイト
http://rafterroberts.com/

EDMではない、ハイセンスなクラブ・ミュージック!
「be with you」 / Giraffage(ジラフエイジ)

Giraffage(ジラフエイジ)は、サンフランシスコをベースに活動しているプロデューサー。

横揺れを誘うリズムに、隙間のあるサウンド、キャッチーだけど少し切ないメロディーから、かなり今っぽいオシャレな一曲だと言えるでしょう!
多重にエフェクトをかけて刻まれたボーカルもクセになります。

昨今のフェスシーンで大人気のEDM以外からも、今っぽいクラブ・ミュージックのクリエイターに注目した、Appleらしい起用です。

今年の夏前には2011年のデビュー以降初となる、日本も含めたアジア・ツアーも終えたばかりのGiraffage。
ここ日本でも、人気が高まっていきそうなこの機会に、ぜひチェックしてください!

・所属レーベル内公式ページ
http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/artists/giraffage/

レゲエ風のラップが、CM曲をアグレッシブに変える!
「The Peoples’ Champ Ft. Hellnback」 / A Tribe Called Red(ア・トライブ・コールド・レッド)

ここまで紹介した楽曲もそうでしたが、iPhone6のCMはほとんどの場合、歌詞を抜いた状態で音楽が使われています。
つまり曲単体ををフルで聴くことで、異なる表情を見せるものもある、ということ。

カナダのA Tribe Called Red(ア・トライブ・コールド・レッド)がラッパーのHellnback(ヘルンバック)を迎えた「The Peoples’ Champ Ft. Hellnback」は、その最たるものだと言えるでしょう。

Hellnbackのレゲエ風のラップが加わると、溢れ出てくるアグレッシブな魅力!
ビートと流れるようなライムがハマる瞬間の気持ち良さは、原曲でしか味わえません!

ヒップホップが好きな方も、CMを観て興味が湧いた人も、ぜひどうぞ!

・公式サイト
http://atribecalledred.com/

時代の寵児が繰り出す、“デジタル・レゲエ”でアゲアゲに!
「Too Original feat. Elliphant & Jovi Rockwell」 / Major Lazer(メジャー・レイザー)

EDMの先駆者、Skrillex(スクリレックス)との共演や、Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)のプロデュースなどで話題の、今をときめくダンス・ミュージック界の重鎮プロデューサー/DJ、Diplo(ディプロ)。

彼が率いる、“デジタル・レゲエ”をコンセプトとした時代の寵児とも呼べるユニット、Major Lazer(メジャー・レイザー)をAppleはやはり見逃しませんでした。

バウンドするようなビートに散りばめられたキャッチーなフレーズ、踊りたくなること間違いなしのアゲアゲな一曲!
クラブでのピークタイムに投下されれば、その日一番の熱狂が生まれるでしょう!

2015年の12月13日には、彼らの来日公演が予定されています。
年の瀬にアゲていきたい人はぜひ足を運んでみてください!

チケットの一般発売は11月7日にスタートするので、まだ間に合います!

・日本語版公式サイト
http://wmg.jp/artist/majorlazer/

ダークさが武器のGlass Animalsから二曲目!
「Black Mambo」 / Glass Animals(グラス・アニマルズ)

先ほど紹介したGlass Animals(グラス・アニマルズ)、実はiPhone6sの前にiPhon6のCMにも起用されていました!
こちらの楽曲、「Black Mambo」も「Gooey」と同じく、2014年発売のデビュー・アルバム『ZABA』に収録されています。

クラブ・ミュージックのエッセンスが多かった「Gooey」に比べ、こちらはより生っぽい楽器の音が特徴ですが、共通する暗い雰囲気はアルバム全体の魅力であると共に、Glass Animalsの武器なのでしょう。

「Gooey」が好きな方は必ず好きになれる、と言ってもいい一曲です。

・公式サイト
http://glassanimals.eu/

全曲を通して聴きたい方のためのプレイリスト

全曲を通して観たい方のためのYouTubeのプレイリストはこちらです。
(Soundcloudの曲は含まれていません)

最先端のデバイスに華を添える、今が旬の楽曲をぜひどうぞ!

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket