Browse By

15秒でも耳に残る!Apple WatchのCMに使われている8曲

LINEで送る
Pocket

15秒でも耳に残る!Apple WatchのCMに使われている8曲

Apple Watchは2015年4月に発売されてからまだ日が浅いにも関わらず、すでに全41本のCMがAppleの公式YouTubeチャンネルにて公開されています。

今回はその中でも、Apple Watchのいくつもの機能を15秒にまとめたCMシリーズの楽曲を紹介します!

15秒という短い時間でも、耳に残る楽曲の数々。
“見たことあるCMの曲”、のままにしておくにはもったないものばかりです!

きっとお気に入りの一曲が見つかることでしょう。
ぜひここでチェックしてみてください!

今回は全13パターンのCMの中でも、公式の音源がアップされている8曲を選びました(レミファはミュージシャンの権利を尊重するため、公式の音源しか扱いません。詳しくはこちらをご覧ください→レミファについて)。

踊らずにはいられない、セクシーなディスコ・チューン!
「Need You Tonight」 / INXS(インエクセス)

1980年代から1990年代にかけてカリスマ的な人気を誇ったオーストラリアのバンド、INXSの楽曲です!

1985年リリースの曲ですが、カッコイイ曲はいつの時代でもカッコイイもの。
CMの男性よろしく、全身をくねらせて踊らずにはいられない、セクシーな一曲です!

・公式サイト
http://inxsonline.com/

古臭くて新しい?クセになる怪しさが売り!
「Nous Etions Deux」 / La Femme(ラ・ファム)

フランスのレトロな雰囲気を醸し出すバンド、La Femme。
昔のバンドかと思いきや、2013年デビューの新人です。

フランス国内の音楽賞も受賞しており、まさに期待の星ですが、この古臭さが逆に新しいのかもしれません。

怪しい世界観がクセになるLa Femme、一度聴けばまた聴きたくなってしまうバンドです。

・公式サイト
http://lafemmemusic.com/

デビュー直後からグラミー賞候補の、ダンス・ミュージック界の超新星!
「Yeah Yeah Yeah」 / Jax Jones(ジャックス・ジョーンズ)

昨年、DJ/プロデューサーのDuke Dumont(デューク・デュモント)と共作したデビュー作「I Got U」が、いきなり全英チャートでトップに輝いて以来、期待を集めるプロデューサー、Jax Jones。

「I Got U」は2015年のグラミー賞の最優秀ダンス・レコーディング部門にもノミネートされました。

彼のワールド・ワイドな人気が、更に高まっていく日も近いはず。
そう思わせてくれる2015年リリースの「Yeah Yeah Yeah」を聴いてみてください!

CMにも使われているバイオリンのフレーズに、テンション上がること間違いなしのダンス・ミュージックです!

・公式サイト
http://www.jaxjones.co.uk/

存在感溢れる歌声の、次世代のスター!
「Gold」 / Kiara(キアラ)

アメリカの女性R&Bシンガー、Kiara!
いつの時代もR&Bの歌姫は欠かせない存在ですが、その次世代のホープがKiaraなのです!

レゲエ調の滑らかなボーカルから、セクシーな存在感が溢れていますね。
Apple Watchをコーディネートに取り入れている、オシャレなCMにピッタリの曲です!

・公式SoundCloud
https://soundcloud.com/kiiaraonline

「Drinkee (The Knocks Remix)」 / SOFI TUKKER(ソフィ・トゥッカー)

二人組のダンス・ミュージック、ユニットSOFI TUKKERから、キラキラしたメロディー、うねるような低音の「Drinkee (The Knocks Remix)」!
激しく動きつづけたくなる、スポーティーなダンス・ミュージックです!

ランニング中のBGMとしても最適な一曲、ぜひチェックしてみてください。

・公式サイト
http://www.sofitukker.com/

世界規模の人気を誇る、現代のサイケデリック・バンド
「The Less I Know The Better」 / Tame Impala(テーム・インパラ)

オーストラリアはパース出身の5人組のロックバンド。
60年代後半に世界中で人気を博したサイケデリック・ロックに強く影響を受けています。

ボーカルのエフェクトや、シンセサイザーの色彩感がサイケデリックなところでしょうか。

2015年の3月に新曲を突如発表した際に、Twitterの世界トレンド・ワードとしてトップ20を記録するなど、今や世界中で人気のバンド。
3rdアルバムの『Currents』も、グラミー賞にノミネートされるのではないかと思います。

「Tame Impala初めて知ったよ!」という人は、この機会に聴いてみてはいかがでしょうか!

・日本語版公式サイト
http://hostess.co.jp/tameimpala/

50年の時を経てよみがえった大名曲!
「The Oogum Boogum Song」 / Brenton Wood(ブレントン・ウッド)

「The Oogum Boogum Song」は1967年にリリースされ当時大ヒットした名曲。
それを2015年の、仲良し夫婦がじゃれ合う微笑ましいCMに使ってしまうなんて!

こんなCMを観たら、きっと「The Oogum Boogum Song」とBrenton Woodの甘い歌声が大好きになってしまうはず。

幸せな気持ちを噛みしめたいときは、
<Oogum oogum boogum boogum>
と、一緒に歌ってみましょう!

・公式サイト
http://brentonwood.net/

無機質なテクノとキュートなボーカルの組み合わせがグッド!
「Dorothy」 / Polo & Pan(ポロ・アンド・パン)

ハードで無機質なテクノ・ミュージック、Polo & Panの「Dorothy」ですが、キュートな女性ボーカルが入るところが聴きどころ。

本来アンダーグラウンドなものであるテクノの電子音と、耳馴染みのいいポップなボーカルが合わさり、そのどちらの魅力もいいとこ取りしたような、独特の雰囲気を出しています。

「テクノなんて聴いたことないよ、っていうかそもそもテクノって何?」
という方にもオススメできる、Appleらしいオシャレな一曲です!

・公式SoundCloud
https://soundcloud.com/polo-pan

全曲を通して聴きたい方のためのプレイリスト

全曲を通して観たい方のためのYouTubeのプレイリストはこちらです。
(Soundcloudの曲は含まれていません)

15秒でも感じる曲の魅力を、ぜひフルで楽しんでください!

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket