Browse By

【20年前の今週出たJ-POP】人気絶頂のtrfが1位!ほか氷室京介の名曲や田村直美も

LINEで送る
Pocket

【20年前の今週出たJ-POP】人気絶頂のtrfが1位!ほか氷室京介の名曲や田村直美も

20年前の今週にリリースされた曲を振り返る、タイムマシン企画。

第5回目となる今回は、1995年10月23日(月)〜10月29日(日)に発売された曲をご紹介します。

これまでのシリーズは、こちら。

いつもと同様に、最後には、当時の曲・アーティストが好きだった方に2015年の今ぜひおすすめしたい曲もあわせてご紹介します。

そちらもぜひ聴いてみてください。

それでは今週も、めくるめく90年代J-POPの世界へレッツ・ゴー!

「BRAND NEW TOMORROW」 / trf

1995年10月25日(水)発売。
オリコン初登場1位。

この年の頭から3ヶ月連続リリースをして人気絶頂期だったtrf、7ヶ月ぶりのシングル。

一拍遅れたタイミングでの歌い出しがやけに印象的な曲。

ただ、僕は「GOING 2 DANCE」「EZ DO DANCE」の頃からtrf大好きっ子だったんですが、「やっぱりtrfは冬より夏の方が似合うんだよなあ……」と思ってました。

「魂を抱いてくれ」 / 氷室京介

1995年10月25日(水)発売。
オリコン初登場2位。

先週は布袋寅泰の「スリル」が1位、そしてこの週は氷室京介が2位と、まだまだ元気なBOØWY勢。

この曲はまさにヒムロックの醍醐味の一つであるスケールの大きなバラード。

ロングヒットを続けて、氷室京介自身として「KISS ME」に次いで2番目に売れたシングルになりました。

(公式の動画はYouTubeにアップされていません)

「光と影を抱きしめたまま」 / 田村直美

1995年10月25日(水)発売。
オリコン初登場8位。

田村直美9枚目のシングル。

「ゆずれない願い」と同様に「魔法騎士レイアース」のオープニング曲でした。

田村直美、歌うまかったですよね!

(公式の動画はYouTubeにアップされていません)

「目を覚ませ」 / 貴水博之

1995年10月25日(水)発売。
オリコン初登場15位。

accessとして人気だったボーカル、貴水博之のソロ2作目のシングル。

accessのテクノサウンドとはガラッと変わって、ラテンやサンバのリズムも入った曲でしたが、僕はすごく好きで当時のカセットテープに入れてました!

(公式の動画はYouTubeにアップされていません)

「残酷な天使のテーゼ」 / 高橋洋子

1995年10月25日(水)発売。

この曲もこの週に発売されてたんですね~。

オリコン初登場は27位ながら、エヴァ人気が波及するにつれて何年もの間ずっと売れ続け、JASRACによる著作権使用料の分配額ベースでは2010年度についに1位となった曲。

未だにカラオケでも鉄板の曲ですものね~!

(公式の動画はYouTubeにアップされていません)

trfが好きだった人に今おすすめしたいアーティスト

「Die Young」 / Ke$ha(ケシャ)

trfのダンス+陽性なノリに通じるアーティストとして浮かぶのは、アメリカのダンス姐さん、ケシャ!

同じエレクトロ・ダンス・ポップとして、昔trfに心ときめかせた人はきっと好きだと思います。

「ディスコの神様 feat.藤井隆」 / tofubeats(トーフビーツ)

日本のアーティストだったら、まずはtofubeats。

しかもこの「ディスコの神様」は藤井隆が歌っているという、90年代J-POP好きにも接点を持ちやすい曲!

過去のシリーズはこちらからどうぞ

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

特に90年代の曲は、YouTubeなどにオフィシャルな音源がアップされていないものも多く、記事内で曲の紹介はするものの肝心の曲はここで聴けない、ということも多々ありますが、ご了承ください。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket