Browse By

【20年前の今週出たJ-POP】華原、森高、黒夢をおさえての初登場1位はB’zのあの曲!

LINEで送る
Pocket

【20年前の今週出たJ-POP】華原、森高、黒夢をおさえての初登場1位はB'zのあの曲!

20年前の今週にリリースされた曲を振り返る、この企画。

いやー、この週はすごいですよ!

第3回目となる今回は、1995年10月9日(月)〜10月15日(日)に発売された曲をご紹介します。

華原朋美、森高千里、黒夢という今も有名なビッグアーティストの新作シングルが集中してリリースされた週、そんな中で1位を勝ち取ったのはB’z!
B’z強い!

第1回と同様に、当時その曲・アーティストが好きだった方に2015年の今ぜひおすすめしたい曲もあわせてご紹介します。

ぜひそっちも聴いてみてください。

それでは今週も、めくるめく90年代J-POPの世界へレッツ・ゴー!

「LOVE PHANTOM」 / B’z

1995年10月11日(水)発売。

オリコン初登場ぶっちぎりの1位どころか、1週目で95.1万枚を売り上げたのは当時の新記録!
発売からわずか2週で、100万枚を超えるミリオンセールスを記録しました。

壮大なコーラスから始まるこの曲、実はフレーズが2種類しかない構成なのですが、どこを切り取ってもかっこいい!

当時高校生だった僕も、かっこよくて震えたものです!

・公式サイト
http://bz-vermillion.com/

「休みの午後」 / 森高千里

1995年10月10日(火)発売。
オリコン初登場5位。

しっとりと落ち着いた曲で、遠く離れた女友達に手紙を書くという休みの午後を歌っています。

飾らない言葉で等身大の女性の気持ち、友情を描く、森高千里らしい曲!

・公式サイト
http://www.moritaka-chisato.com/

「BEAMS」 / 黒夢

1995年10月13日(金)発売。
オリコン初登場6位。

黒夢の中でも、ミドルテンポでサビのメロディーがとても印象的な、僕も大好きな曲!

黒夢が一段とブレイクしたきっかけの曲でもありますね。

カラフルな謎の部屋の中でカップラーメンを食べる人時、という画が見られる不思議MVもご紹介したかったのですが、こちらは残念ながら公式の動画がアップされていませんでした(涙)。

・公式サイト
http://kuroyume.jp/

「I BELIEVE」 / 華原朋美

1995年10月11日(水)発売。
オリコン初登場7位。

今では華原朋美の代名詞にもなっている、この曲。
発売された週は、まだ2枚目のシングルだったこともあり、意外にもオリコン7位。

ただこれから年末に向けて売れ続け、この年の新人賞を多数受賞することに。

そして、発売から約半年後の1996年3月にミリオンセールスを達成した、ロングヒット曲!

1995年〜1996年にかけての冬は、この曲抜きに思い出すのは不可能!

・公式サイト
http://tomomikahara.jp/

B’zにハマった人に今おすすめしたいアーティスト

ONE OK ROCK(ワンオクロック)

今や日本だけでなく海外進出も果たした、ONE OK ROCK(ワンオクロック)。

日本語と英語を織り交ぜたロックの代表曲として、この「アンサイズニア」をご紹介します。

イントロの「うぉーおー、おーおーおおー」という叫びから、胸に突き刺さるようなサビまで、上がりっぱなしの曲ですよ!

アメリカでワーナー・ブラザーズ・レコードと契約し、現在はアメリカ、ヨーロッパ、アジアを回るツアー中の彼ら。

こちらは、その北米でのデビューアルバム『35xxxv Deluxe Edition』のアルバムのUS盤にのみ収録されていた「The Way Back」の日本語バージョンです。

・公式サイト
http://www.oneokrock.com/

NOISEMAKER(ノイズメーカー)

ONE OK ROCKはすでにかなり有名になっているので、それよりはまだ知名度がないバンドももう一つ。

札幌出身のラウド・ロックバンドで、着々と人気を増している4人組。

こちらもかっこいいバンドですよ!

・公式サイト
http://noise-maker.net/

華原朋美にハマった人に今おすすめしたいアーティスト

こちらは、海外のアーティストをご紹介。

2015年の今、「エレクトロサウンド×女性ボーカル×しかもかわいい」と言えば、CHVRCHES(チャーチズ)!

世界的に勢いに乗っている、グラスゴー出身の3人組、ぜひ聴いてみてください!

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

特に90年代の曲は、YouTubeなどにオフィシャルな音源がアップされていないものも多く、記事内で曲の紹介はするものの肝心の曲はここで聴けない、ということも多々ありますが、ご了承ください。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket