Browse By

【20年前の今週出た曲】オリコン初登場1位をとったglobeのあの曲から、イエモン、奥田民生、m.c.A・Tも!

LINEで送る
Pocket

【20年前の今週出た曲】オリコン初登場1位をとったglobeのあの曲から、イエモン、奥田民生、m.c.A・Tも!

90年代のJ-POPにどっぷり浸かって音楽にハマっていったわたくし。

今でも90年代J-POPはよく聴いています。

というわけで、20年前の今週に発売された曲を振り返ってみたい!という超私的な愉しみをする企画を始めました。

第1回目となる今回は、1995年9月下旬~10月上旬に発売された主な曲を振り返ってみようかと思います。

昔の曲をただ紹介するだけというのもなんなので、当時その曲・アーティストが好きだった方に2015年の今ぜひおすすめしたい曲もあわせてご紹介します。

ぜひそっちも聴いてみてください。

なお、当時の曲は、YouTubeなどにオフィシャルな音源がアップされていないものも多いです。

レミファのポリシーとして、違法にアップロードされている曲はご紹介しませんので、記事内で曲の紹介はするけど肝心の曲はそこからすぐに聴けない、ということも多々ありますが、ご了承ください。

それでは、めくるめく90年代J-POPの世界へレッツ・ゴー!

「Joy to the love (globe)」 / globe

1995年9月27日(水)発売。
オリコン初登場1位。

globe2枚目のシングルにして、初めてオリコン1位を獲った曲。

約2ヶ月前、8月9日に急に「Feel Like dance」でデビューしてから、あっという間でした。

ちなみにこのYouTube動画はリミックス版ですが、これが収録されている「globe EDM Sessions」というリミックスアルバム(2013年リリース)には、僕が今もよく聴く好きなリミックスがたくさんあります。

そこまで語ってると長くなってしまうので、globeについてはまた機会を改めて!

「太陽が燃えている」 / THE YELLOW MONKEY

1995年9月30日(土)発売。
オリコン最高9位。

すでに4枚のアルバムを出していたザ・イエローモンキー。
その彼らがブレイクのきっかけとなった、記念すべき曲。

ボーカルの吉井和哉さんも「売れるためには必要な曲だった」とインタビューで振り返っていました。

2013年に行われた「イエモン-FAN’S BEST SELECTION-」のファン投票でも14位を獲得した曲!

「悩んで学んで」 / 奥田民生

1995年10月1日(日)発売。
オリコン初登場10位、最高7位。

ユニコーン後にソロになった奥田民生、5枚目のシングル。

この曲は、アメリカのバンド・ジェリーフィッシュのアンディ・スターマーがドラム&パーカッションとキーボードで参加しています!

ちなみにこの次のシングルが「イージュー★ライダー」(1996年6月)ですよ。

(オフィシャルの音源はYouTubeにアップされていません)

「ごきげんだぜっ!」 / m.c.A・T

1995年9月27日(水)発売。
オリコン初登場20位。

この2年前、1993年11月にリリースされた「Bomb A Head!」でブレイクしたm.c.A・T。

そこからこの「ごきげんだぜっ!」まで、2年弱の間に7枚ものシングルを出してるんですね。

この「ごきげんだぜっ!」は、何と言ってもこのサビの言い回しがインパクト大!

<どきゅーん ずきゅーん 胸撃つ まなざしはかなり 挑発的なやつだ>
<ばくーん どくーん 高鳴る 俺の鼓動かなり 調子にのってるようだ>

作詞もm.c.A・Tが手がけていて、メロディへの乗せ方と歌い方に独特なセンスが感じられますよね。

なお、1998年にDA PUMPがこの曲のカバーをシングルとしてリリースしています。

(オフィシャルの音源はYouTubeにアップされていません)

globeが好きだった人におすすめしたい1曲
「Clarity」 / Zedd ft. Foxes

Zedd(ゼッド)はドイツのDJ、プロデューサー。

世界的なEDMブームの一翼を担う彼は、安室奈美恵の「Heaven」のプロデュースを行い、今年のサマーソニックで来日が6回目を数えるなど、日本ととても関わりの深い人物でもあるんです。

インタビューで見せる語り口や表情からも、日本が好きなことが伝わるグッドガイですよ!

globeのようなダンスミュージックが好きだった方、ぜひ聴いてみてください。

THE YELLOW MONKEYが好きだった人におすすめしたい1曲
「Discommunication」 / 9mm Parabellum Bullet

9mm Parabellum Bullet(キューミリ・パラベラム・バレット)は日本の4人組ロックバンド。

メンバーがイエローモンキー好きを公言していて、昭和の歌謡曲が好きだったことを感じさせるメロディーには、共通項を感じてしまいます。

僕が観ていた2010年のJAPAN JAMというイベントでは、吉井さんのステージに9mmのボーカル・菅原さんがゲストとして上がり、一緒に「TVのシンガー」や「バラ色の日々」を歌ってました(「TVのシンガー」っていうチョイスがいい!)。

そんな彼らの代表曲をどうぞ!

なお、イエローモンキーが好きだった人におすすめの曲は、レミファのライター・イシハラマイさんが書いてくれたこの記事もありますので、こちらもぜひ!

あの頃イエローモンキーが好きだった人に今おすすめしたいロックバンド6組 | レミファ

あの頃イエローモンキーが好きだった人に今おすすめしたいロックバンド6組

レミファは違法にアップロードされた動画を使用しません

「やさしい音楽メディア」レミファは、違法にアップロードされた動画や音楽ファイルはご紹介しません。

全て、レコード会社やレーベル、もしくはミュージシャン本人がアップしたデータを使用しています。

レミファのこだわりや、目指していることは、以下のページをご覧ください。
「レミファ」とは | やさしい音楽メディア レミファ

レミファのTwitterアカウント

レミファのTwitterアカウント、よかったらぜひフォローしてください。

LINEで送る
Pocket